戦略日記

目先の商品だけではダメ

目先の商品だけではダメ

とにかく商品サービスをいじりたがる。
中小零細企業は、とっかえひっかえ手を変え、品を変えいじりたがります。

そのうち、社員、店員の営業や販売の能力やスキルが足りない。「すぐに2倍売れる」「接客対応で3倍売れる」などなどのセミナーや自己啓発研修へ行かせる。このような方向へいってしまうケースが多々あります。

一時的には売上げが上がったりしますが、長くは続かない。何故ならこのような勉強は戦術だからです。

「社長、あなたの戦略が明確じゃないからですよ」

もちろん人は大事です。

商品、サービスは戦術であり、法則に基づく戦略経営におけるウェイトは僅か14%です。
根本の戦略がないのに目先の商品、サービスをいじっても何ともなりません。
手を変え品を変えですから、的外れとなり経営パワーは分散し利益など残るわけがないのです。そのうち、疲弊していきます。

目の前の戦術を戦略を勘違いしている経営者が実に多いのです。私も過去までこうでした。

戦略なき経営は、いつまで経っても何をやっても変わらない。